From SEIWA to the World聖和から世界へ

旺盛な好奇心、豊かな感性、
やさしい心を育みます。

園長挨拶

聖和学院は1942年に創立され、今年で75年を迎えます。創立者武藤功の「一人ひとりの幼子に愛を注ぐ幼児教育こそが人間教育の基礎である」という確固たる教育理念を継承しながら、時代と共に変わっていく教育環境の中で、常に最善のカリキュラムを組み、いかに園児一人ひとりの可能性を引き出すかに努力してまいりました。そしてお子様たちにできるだけ多くの機会と体験が必要であると考え、保育の時間内にネイティブ教員による英語、音楽、体育等の専門教室を設けました。また、課外教室としては、珠算、キッズプログラミング等も実施しております。何でも吸収し、成長するお子様たちがよく学び、楽しく遊ぶことで、主体性と社会性を養い、より豊かな人間へと成長していくよう、私ども教職員一同、常に努力してまいりたいと存じます。

沿革

1942年(昭和17年)
武藤功、湘南女学塾を逗子に開設。
1949年(昭和24年)
新学制により、聖和学院髙等学校・聖和学院中学校・聖和学院幼稚園となる。
1968年(昭和43年)
聖和学院第二幼稚園を藤沢市辻堂に設置。
1980年(昭和55年)
理事長/武藤正、園長/武藤薫子就任。
2012年(平成24年)
本学院創立七十周年記念事業として、聖和学院第二幼稚園七十年館を竣工。

教育目標

  • ・愛の実践
    キリスト教の信仰に基づいて、人を愛し、いたわりあう子どもの育成に努めます。
  • ・主体性の確立
    集団の中で自主的に行動し、協力しあう子どもの育成に努めます。
  • ・調和のとれた人格の形成
    豊かな情操と品格を身につけ、ものごとを正しく判断できる子どもを育てます。
  • ・個性の伸長
    一人ひとりの子どもを大切にし、伸びる芽を素直に育てます。

保育時間

登園 8:45
降園 14:00
課外教室 14:00~16:00(希望者)
月・火・水・木・金

給食

本園では、希望者のみ給食をとり入れています。
給食は、月・火・水・木・金の週5日です。